0点の商品が入っています

※本の検索

(タイトル、著者、キーワード等)

ブログ - Words from Flying Books

7月30日(日) 岸本佐知子さん、新元良一さん書き下ろしリーディング・イベント

7月30日(日) 「Raw(ろう)読会 Chapter 3 ~ とれたてのストーリーを召し上がれ!」

1605raw

昨年よりニューヨークに拠点を戻された新元良一さんの来日に際し、岸本佐知子さんとの朗読・対談イベント「Raw(ろう)読会 」の第三弾を開催致します。

イベントタイトルの「raw」とは英語で「生」の意味で、これまで未発表の書下し・訳し下ろし作品を、作家自らの朗読で発表するイベント。

また、エッセイ、大学教授、ラジオ番組等、幅広いフィールドでご活躍されている二人の対談は、創作の裏話はもちろん、それにとどまらないものとなること間違いなし。

まだどこにも発表されていない、新鮮でとれたての作品の朗読会、ここだけしか楽しめないイベントに是非ご参加ください!。

翻訳文学、英米文学、リーディング、ライティングに興味のある方はもちろん、そうでない方もお楽しみいただけると思います!

7月30日(日) 「Raw(ろう)読会 Chapter 3 ~ とれたてのストーリーを召し上がれ!」
【朗読、対談】
出演:岸本佐知子(翻訳家)、新元良一(作家、元京都造形芸術大学教授)
OPEN:19:00 start:19:30
会場:Flying Books (東京都渋谷区道玄坂1-6-3 2F)
料金:¥1,500(1ドリンク付)
予約はメール、電話(03-3461-1254)、及び店頭にて (営業時間12~20時 日曜~18時)
メール:info[a]flying-books.com ※[a]を@に換えて送信してください

岸本佐知子

翻訳家。1960年生まれ。上智大学文学部英文学科卒業。ミランダ・ジュライ、リディア・デイヴィス、ニコルソン・ベイカー、ショーン・タンをはじめ翻訳多数。
編訳書に『楽しい夜』、『変愛小説集』、『居心地の悪い部屋』ほか。エッセイ集『ねにもつタイプ』で講談社エッセイ賞受賞。

新元良一
作家。1959年、神戸市生まれ。1984年から22年に及ぶニューヨーク生活を終え、2006年に京都へ移住。現在、京都造形芸術大学教授。2014年4月よりNHKラジオ『英語で読む村上春樹』に出演中。著書に『あの空を探して』、『One author, One book. 同時代文学の語り部たち』、『翻訳文学ブックカフェ』など
※新元良一さんとは2003年のFlying Books開店当初から2006年まで全10回に渡って「立体文学セッション」というイベントをご一緒させていただきました。

2017 年 7 月 8 日 | comment
TrackBack URI : http://www.flying-books.com/blog/wp-trackback.php?p=4450

金座座団「秘宝本館5 浮上せよ!」展2017.5.28-6.11

Flying Booksにて5回目となるコラージュ・パッチワークアーティスト、金座座団の新作展 「秘宝本館5 浮上せよ!」を5月28日(日)~6月11日(日)の期間開催致します

kinzazadan17books

金座座団 「秘宝本館5 浮上せよ!」展

2016年5月28日(日)~6月11日(日) Flying Books

NYの人気現代アーティスト、リチャード・プリンスのアングラ・エロス作品をエスニックに仕上げたかのようなエロス、民俗、伝統、宗教等が絶妙にブレンドされた破天荒なコラージュと、精密な裁縫・パッチワーク技術によって制作された金座座団の「秘宝本」を集めた展示会第5弾。
今回は2017年に制作された新作オリジナル4点と、抜粋・複写版ZINE(各限定10部)に加え、新たに木版画による護符2種(シリアルNo入)が加わりました。一部、Flying Books店主・山路が各作品をイメージした古書を併せて展示・販売致します。
(オリジナル作品のお渡しは会期終了後となります。)

kinzazadan17flyer

※「秘宝館」(ひほうかん)
性風俗や人間の性・生物の性に関する古今東西の文物を収蔵した施設のこと。熱海など温泉街やリゾート地に多く見られたが、現在は減少傾向にある。

kinzazadan17金座座団近影

2017 年 5 月 27 日 | comment
TrackBack URI : http://www.flying-books.com/blog/wp-trackback.php?p=4437

ふたりのベロニカ、3つのカフェ・ソサイエティ

img_1561

深夜のパリでピカソやヘミングウェイらと夜な夜な繰り広げられる饗宴の日々。多くのアートファン、海外文学ファンにとって、ウディ・アレン監督の「ミッドナイト・イン・パリ」はたまらないファンタジー作品だった。
そのハリウッド版ノスタルジック・ファンタジーとも言える新作「カフェ・ソサイエティ」が日本でもこのゴールデンウィークに公開となった。主人公とふたりの美女、ベロニカのシニカルで切ない恋愛模様など、ウディ・アレン節は相変わらず健在、大ヒットした「ララランド」にも通じる世界観はより多くの人に楽しめる作品となっている。(個人的には映画『オン・ザ・ロード』のヒロイン、クリスティン・スチュワートが主演なのもツボだった。)

cafe-society-movie-poster-15x21-in-2016-woody-allen-kristen-stewart


今回ご紹介するのは、アメリカのゴシップライター、エルザ・マクスウェルが描くハリウッドの虚構の光と影。まさに映画の世界観を地でいく雑誌『Elsa Maxwell’s Cafe Society No.1』1953年刊。ざらついた紙質の誌面は100ページにも渡り、ハリウッドやニューヨークのセレブリティたちのプライベートに切り込んだゴシップから、イギリスのロイヤルファミリーまで幅広く人々の好奇心を煽った内容となっている。

r0063268r0063269r0063270-e382b3e38394e383bcr0063272r0063271

そして、約20年後、今度は違った意味で熱を帯びるサンフランシスコのノース・ビーチを中心とした詩人たちの『Cafe Society  - photographs and poetry from San Francisco’s North Beach』Ira Nowinski 写真 1978年刊。表紙は現存するカフェ・トリエステで1977年に催された、シティライツ書店のマネージャーだった日系人Shis Muraoさんのウェディング・パーティの風景。ハリウッドのような絢爛さはないが、写真から伝わってくる60′Sの空気そのままボヘミアンな空気感とアレン・ギンズバーグら作家たちのエネルギーは同等以上に力強い。

r0063275r0063278r0063277r0063276

90年代半ばのトーキョー・カフェ・ソサイエティの一翼を担った広尾のカフェ・デ・プレもつい先日4月24日に復活オープンを果たした。かつてのトーキョー・ナイトライフの熱気を想い返しつつ、テラスのもっとも心地よい季節をエンジョイしたい。

K.Yamaji




2017 年 5 月 8 日 | comment
TrackBack URI : http://www.flying-books.com/blog/wp-trackback.php?p=4388

2016年12月は3週末連続ライブイベント

2016年12月もFlying Booksはイベントが盛りだくさん。

隔月の恒例となっている、詩人・小林大吾によるリーディング・ライブ「オントローロ」の「11」12月11日(日)、「12」12月25日(日)に加え、Flying Booksを代表するラッパー/ウッドベーシスト、タカツキ+キーボーディストSwing-o、元SUIKAのパーカッショニスト高橋結子による「タカツキ実験室 with Swing-o and 高橋結子」を12月18日(日)に開催します。

jikkenshitu2
「タカツキ実験室 with Swing-o and 高橋結子」

日程:2016年12月18日(日)
会場:渋谷Flying Books
東京都渋谷区道玄坂1-6-3 渋谷古書センター2F
出演: タカツキ、Swing-o、高橋結子 + ゲスト多数!
開場/開演:19:00 / 19:30
チケット料金:前売券¥2,500(1ドリンク込み・40名様限定) ※当日残席がある場合のみ当日券をご用意致します。
チケット等はこちらから→ http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01kkqiyj0rse.html

※当実験室ではSWING-O(Piano)と高橋結子(Perc)のトリオ編成による静謐な世界観で言葉と音楽の解体/再構築を試みる。

タカツキ
https://takatsuki.bandcamp.com
「ウッドベースの吟遊詩人」
ウッドベースを弾きながらラップするという異色のスタイルを持つ。
はじまりは映画「SLAM」の舞台” ニューヨリカン・ポエッツカフェ” への飛び込み参加から。ソロと並行してSUIKA/SMRYTRPS/アイララなどのユニットに参加。
好きなもの:
サラーム・レミ、松本大洋、セロニアス・モンクと中島らも
トマソンと無人駅探訪。瞑想と宇宙(近年はなぜかNASA勤務。)

SWING-O
http://swing-o.info/
70年代ソウルフレーヴァに日本人的感覚が融合したサウンドと圧倒的な鍵盤さばきで
シーンに新風を吹き込むキーボーディスト/プロデューサー/トラックメイカー。
その後ソロ活動をスタート、2015年現在までRHYMESTER、Chara、堂本剛、柴咲コウ、MISIA、AI、土屋アンナ、一青窈、近藤房之助、元ちとせ、佐藤タイジ、土岐麻子、清水翔太、Zeebra、防弾少年団、福原美穂、BENI、Tina、さかいゆう、KREVA、Nao Yoshioka、椎名純平、Azumi (wyolica)、篠原ともえ、YO-KING、AFRA、COMA-CHI、Flying Kids、JAY’ED、DJ KAWASAKI、Steph Pockets、Kyoto Jazz Massive、サイプレス上野、中江友梨(東京女子流)、YOSHIKA、當山みれい、Victor Davis、Ray Mann等への楽曲提供やプロデューサー、キーボーディストとして活動、参加したアルバムは150枚を超える。

高橋結子
http://www.h4.dion.ne.jp/~ketstron/profile.html
兵庫県加古川市出身。1999年GOMES THE HITMANのパーカッショニストとしてメジャーデビュー。ドラマー/パーカッショニストとして、桑田佳祐、杉真理、伊藤銀次、元ちとせ、中孝介、山崎まさよし、キマグレン、加山雄三、熊木杏里、Chara、加藤千晶ほか、様々なアーティストのレコーディングやライブに関わる。その活動範囲はジャンルや世代を超えて幅広く、関わったアーティストの数は誰も把握できていない。
平行して様々なバンド/プロジェクトに参加。斎藤ネコ、古田たかし、井上富雄らを中心としたセッションバンド「Cajun Moon Band」、俳優の相島一之が作詞・メインボーカルを務めるオリジナルなブルースバンド「相島一之 & The Blues Jumpers」、四人囃子の坂下秀実、もんた&ブラザーズの渡辺茂などベテランミュージシャンの集まった「奥沢明雄 & The Marmalade Sky」、昭和歌謡やオールディーズのカバーバンド「ななかまど」「やじろべ’64」「フラバルー」など、参加バンド多数。2006年に結成した朝倉真司、中北裕子との打楽器のみのトリオ「Asoviva!」ではリーダーを務め、年に数回のセッションを重ねている。
タカツキと活動を共にしていた人力Hiphopバンド「SUIKA」には2003年頃の結成当初より2010年まで在籍した。

毎回ご好評いただき、チケットが一時間以内にSold outとなっている、小林大吾によるリーディング・イベント「オントローロ」続編の日程も決定です。
ontororo_2016_1112_600px1

「よむ(読/詠)」ことに主眼を置いた、小林大吾による手のひらサイズのライブプロジェクト「オントローロ」。これまでにリリースしたアルバムからの楽曲はもちろん、世に数多ある名文の朗読やすちゃらかトーク、またここでしか聴けないエクスクルーシブな音源と、あれこれ詰め合わせてお届けします。古今東西の書物に囲まれて、何なら一杯きこしめしつつ、まろやかなひとときをお過ごしくださいませ。

日程
「オントローロ 11」 2016/12/11(日) (Sold Out)
オントローロ 12」 2016/12/25(日) (12/4正午・予約受付スタート
”「オントローロ 11」「オントローロ 12」は同一の公演内容となりますのでご注意下さい。”

以下、両日共通
OPEN:19:00 start:19:30
会場:Flying Books(渋谷区道玄坂1-6-3 2F)
料金:2500円(1ドリンク付) 各40名
出演:小林大吾

ご予約の方は当日18:55前にお並び下さい。予約番号の順にご入場いただきます。
19:00以降にお越しの方は、予約番号順の方のご入場が済み次第、先着順での入場となります。

会場の都合上、お席を約30名様とさせて頂き、それ以降の方はお立ち見となります。ご了承下さい。

人数限定イベントの性質上、ご精算後のお客様のご都合によるキャンセル・返金はお受け出来ませんのでご了承の上、ご予約下さい。

小林大吾Blog「ムール貝博士の言行録」もご覧下さい http://diagostini.blogspot.jp/

2016 年 11 月 20 日 | comment
TrackBack URI : http://www.flying-books.com/blog/wp-trackback.php?p=4358

金座座団「秘宝本館4 私は怪になりたい」展2016.10/9-23

Flying Booksにて4回目となるコラージュ・パッチワークアーティスト、金座座団の新作展 「秘宝本館4 私は怪になりたい」を10月9日(日)~23日(月)の期間開催致します

kinza2016-1m3

金座座団 「秘宝本館4 私は怪になりたい」展

2016109日(日)~1023日(日) Flying Books

NYの人気現代アーティスト、リチャード・プリンスのアングラ・エロス作品をエスニックに仕上げたかのようなエロス、民俗、伝統、宗教等が絶妙にブレンドされた破天荒なコラージュと、精密な裁縫・パッチワーク技術によって制作された金座座団の「秘宝本」を集めた展示会第四弾。

今回は2016年制作された新作オリジナル4点と、抜粋・複写版ZINE(各限定10部)に加え、Flying Books店主・山路が各作品をイメージした古書を併せて展示・販売致します。(オリジナル作品のお渡しは会期終了後となります。)

kinza2016-21

※「秘宝館」(ひほうかん)

性風俗や人間の性・生物の性に関する古今東西の文物を収蔵した施設のこと。熱海など温泉街やリゾート地に多く見られたが、現在は減少傾向にある。

kinza2016-3m金座座団近影

2016 年 10 月 9 日 | comment
TrackBack URI : http://www.flying-books.com/blog/wp-trackback.php?p=4319

金座座団「秘宝本館3 温故知珍」展10/11-26

Flying Booksにて3回目となるコラージュ・パッチワークアーティスト、金座座団の新作展 「秘宝本館3 温故知珍」を10月11日(日)~26日(月)の期間開催致します。
kinza2015f_m

NYの人気現代アーティスト、リチャード・プリンスのアングラ・エロス作品をエスニックに仕上げたかのようなエロス、民俗、伝統、宗教等が絶妙にブレンドされた破天荒なコラージュと、精密な裁縫・パッチワーク技術によって制作された金座座団の「秘宝本」を集めた展示会第三弾。
今回は2015年制作された新作4点と、2000-2002に制作されたシリーズ8点のオリジナル作品展示となります。また、新作、旧作共に抜粋・複写版ZINE(限定10-20部)を販売致します。(オリジナル作品のお渡しは会期終了後となります。)

金座座団 「秘宝本館3 温故知珍」展
2015年10月11日(日)~10月26日(月) Flying Books

kinza2015fryerm
※「秘宝館」(ひほうかん)
性風俗や人間の性・生物の性に関する古今東西の文物を収蔵した施設のこと。熱海など温泉街やリゾート地に多く見られたが、現在は減少傾向にある。

kinza2015artist_m

金座座団近影

2015 年 10 月 11 日 | comment
TrackBack URI : http://www.flying-books.com/blog/wp-trackback.php?p=4222

蔦屋書店の進化系「湘南T-SITE」2014.12.12OPEN!

この春から制作に入っていたCCCによる湘南T-SITEが本日Openしました!
r0044001
r0044002
核となる蔦屋書店だけでなく、ベテランコンシェルジュらによってコーディネートされたテナントも含めた商業集積としての「T-site」のネーミングは代官山に続く2件目。

代官山では実現できなかった、緑豊かなテラス席、開放感ある吹抜けのある書店、ゆったりとスペースを確保したマガジンストリートと有機的に隣接するカフェやデリなど、2009年から係わってきた「T-SITE」の理想型に近づけた気がします。
r00446011
今回、私は1F書店の一部と、2Fのラウンジの制作等を手掛けました。
代官山のAnjinは閲覧オンリーの雑誌バックナンバーでしたが、今回のラウンジは閲覧用バックナンバー+販売用書籍で世界観を作ってます。(しかも飲食店ではないので、スタバのドリンクなどで利用が可能!)
まだまだ本は入荷中ですが、テーマは「現在にWhole Earth Catalogが発行されたら掲載されるべき本たち」です。
r0044581r0044584
また、本だけでなく、裏原宿にある友人たちのギャラリーEn One Tokyoさん協力によるアンテイークとストリートアーティストのコラボ作品や、
r0044551
まさに湘南T-SITEにぴったりとイメージしていたサンフランシスコにある「General Store」のオーナーでアーティスト&サーファーのSerina Mitnik-Millerの作品をウォールギャラリーの第一弾として展示することができました!
r0044532
辻堂の海岸が賑わう夏には混雑が予想されますので、ぜひ、この冬にこそ足を運んで見てください!
img_0455

湘南T-SITEのホームページ
神奈川県藤沢市辻堂元町6丁目21番1号
http://fujisawasst.com/JP/town/tsite.html

2014 年 12 月 12 日 | comment
TrackBack URI : http://www.flying-books.com/blog/wp-trackback.php?p=4011

 「秘宝本館2 反省しません」金座座団・新作展10/5-19

昨年春にFlying Booksで開催した久しぶりの展示会が大好評で作品の大半がSOLDとなったアーティスト、金座座団の新作展 「秘宝本館2 反省しません」を10月5日(日)~19日(日)の期間開催致します。

r0043383
NYの人気現代アーティスト、リチャード・プリンスのアングラ・エロス作品をエスニックに仕上げたかのようなエロス、民俗、伝統、宗教等が絶妙にブレンドされた破天荒なコラージュと、精密な裁縫・パッチワーク技術によって制作された金座座団の「秘宝本」を集めた展示会第二弾。

ヌード、歴史、民俗あらゆるエッセンスの写真・イラストをプリミティブかつ大胆にマッシュアップし、全ページをオリジナルコラージュで構成・手縫い製本されたオリジナル作品に加え、同様に新たに限定製作されたZINE(各限定20部)を一挙に陳列します。

昨年、ほぼすべてのオリジナル作品がSOLDとなったため、今回はすべて新作となります!

金座座談 「秘宝本館2 反省しません」展 2014年10月5日(日)〜10月19日(日) Flying Books

kinzazadan2014m

※「秘宝館」(ひほうかん)
性風俗や人間の性・生物の性に関する古今東西の文物を収蔵した施設のこと。熱海など温泉街やリゾート地に多く見られる。

2014 年 9 月 22 日 | comment
TrackBack URI : http://www.flying-books.com/blog/wp-trackback.php?p=3962

8.24 コーヒーワークショップ PADDLERS COFFEE × Flying Books

8/24(日)は渋谷/明治通りで、アメリカ西海岸ポートランド発のサードウェーブを牽引するSTUMPTOWN COFFEE、日本唯一のライセンス店、PADDLERS COFFEEとのコラボのワークショップを開催。

ハンドドリップによるアイス・コーヒーワークショップ、産地別のコーヒー豆のテイスティング、Flying Books店主山路とPADDLERS COFFEE バリスタによる「西海岸のブックショップ&カフェ・カルチャー」のトークセッションありと盛りだくさんの2時間を予定しております。是非皆様のお越しをお待ちしております!

10487219_278842428954278_8350254435578292982_n

PADDLERS COFFEE × Flying Books

家庭でできるアイスコーヒーの作り方と産地別のコーヒーテイスティング。

「アメリカ西海岸のブックショップ&カフェ・カルチャー」をテーマにしたトークセッション。

PADDLERS COFFEE

これからの季節にぴったりのアイスコーヒーの作り方をPADDLERS COFFEEでもおなじみのケメックスとKONEフィルターを使いワークショップします。普段家庭ではホットコーヒーという方が多いかもしれませんが、手軽にそして美味しいアイスコーヒーの作り方を実践します。

またSTUMPTOWN COFFEEの豆を使い、コーヒー三大産地のコーヒーを実際に試飲しながら産地による味の特徴や違い、風味やバランスなどをテイスティングします。

Flying Books

十代でシアトルのブック&カフェ・カルチャーに触れたことがきっかけで店を開くことになり、今も毎年アメリカ西海岸へのブックスカウティングの旅をしているFlying Books店主、山路和広とPADDLERS COFFEEによる「アメリカ西海岸のブックショップ&カフェ・カルチャー」をテーマにしたトークセッションも行います。

10358877_288214058017115_86163171914860981_n

日程: 8/24(日)

時間: 18:30-20:30

場所: Flying Books

東京都渋谷区道玄坂1-6-3 渋谷古書センター 2F

03-3461-1254

http://www.flying-books.com

参加費用:3000円(当日現金にてお支払いをお願い致します)

※参加の申し込みは(contact@paddlerscoffee.com)までご連絡ください。Paddlers Coffee神宮前店舗、Flying Booksでも受け付けております。

PADDLERS COFFEE http://www.paddlerscoffee.com

住所:東京都渋谷区神宮前6-18-14 (2F)
時間: 11:00-19:00

2014 年 8 月 11 日 | comment
TrackBack URI : http://www.flying-books.com/blog/wp-trackback.php?p=3947

『アイアムヒッピー』復刊 関連フェア「日本の対抗文化」

ポンさんこと山田塊也さんの『アイ・アム・ヒッピー』が限定復刊され、Flying Booksでも関連展示(12月7日-14日)を行ってます。
レイブパーティーのカラフルな森の風景、インド旅の墨絵、肉筆原画5点、写真家・渡辺眸さんによるポートレート、1975年の花まつり、1980年の奄美枝手久祭のオリジナルポスターなどを展示してます。
r0039906

新宿で似顔絵描きをしていたポンさんは、1960年代後半に起こったヒッピー・ムーブメントの中心人物で、その後奄美大島でコミューンを作り、80年代には今の野外フェスやレイブカルチャーの元ともなっているロックフェスの中心にいた方です。
そんな日本のメジャー・エンタテイメントシーンの裏側でカリフォルニアのヒッピーたちに負けず劣らずの世界観を構築し、アンダーグラウンドで情報を発信してきた記録でもある『アイ・アム・ヒッピー』は1990年に第三書館から出版され、長年絶版となっておりましたが、この度愛媛県の森と出版さんから1000部限定で復刊されました。
口絵がカラーになり、年表等が足され、更に伝説のサイケデリック新聞、「部族」の創刊号の復刻(表紙のみ)がついてます。コストのかかるフルカラーではなく、2色のインクのみでいかにサイケデリックなビジュアルショックをつくり上げるか追求され、約半世紀たった今でも申し分なくカッコイイ素晴らしいアートワークで、これだけでも手に入れる価値は十分だと思います。(伝説的な新聞「サンフランシスコ・オラクル」の日本版と言え、希少度では本家をはるかに上回ります。)
現在は人的ネットワークを中心とした流通のみなので、手に入れられるところもそれほど多くないのと、もしメジャー流通した場合はすぐに品切れとなることが予想されますので、お早めにチェックしてみてください!
r0039896
▼『アイアムヒッピー』復刊 関連フェア「日本の対抗文化」
「我らはいまだ知られざる文明の原始人である」

期間:2013年12月8日(日)〜14日(土)

会場:【Flying Books】
日本の対抗文化に関するポスター、写真展示

【気流舎】
日本の対抗文化に関する貴重資料展示(一部複写、一部観覧可)

企画:フーゲツのJUN
資料提供:蝦名 宇摩、小岩井 維摩(著作権継承者)
主催:森と出版
協力:Flying Books、気流舎

2013 年 12 月 8 日 | comment
TrackBack URI : http://www.flying-books.com/blog/wp-trackback.php?p=3633

次ページへ »